風俗は性犯罪の抑止になるのか?

たまに聞く話題として、性犯罪防止のためにも風俗は必要なのかということが言われていることがある。 確かに、日本では色々な性風俗が存在し、先進国よりも性犯罪の発生件数は少ないのではあるが、これに対してアメリカなどでは 日本よりも性犯罪の発生件数も発生率も多くて、風俗があっても役に立ってはいないのではないかということが言われているのであります。 色々な意見があり、なかなかわかれるところではあるのですが、私個人としては仮に風俗やそのほかのポルノ雑誌などがなくなってしまったことによって どうなるのかということを考えるとなると、さすがに効果を全部否定することはできないのではないかと思います。 性欲を発散させることができるものがあれば、それによって性欲を発散させることができるのは事実であり 風俗産業などの消滅が仮におこったものとすると、性欲を発散できない人たちが吐き出す先がない事から危害を加えるのではにかということがあるのではないかと思われます。 もちろんどこまで抑止されているのかということの検証はなかなか難しいのですが 風俗などが全くないという状況もかなり恐ろしいことにはならないだろうかとも考えるのではないでしょうか。

大阪の風俗事情

大阪には様々なジャンルの風俗店が数多く軒を連ねる。 とはいえ大阪であればどの街にもピンクのネオンが輝いているかといえばそうでもない。 風俗店が多く集まるのはやはり人が多く集まる繁華街になってくる。エリアで見れば梅田、難波、京橋、十三あたりに風俗店が集中している。 デリヘルやホテヘルの有名チェーン店であればこれらの繁華街にまたがって拠点を構えている店も多い。一昔前と比べ、今では店舗型の風俗は少なくなりつつあり、ホテル街の近くにマンションの一室などを借りながらホテルでサービスを行うスタイルが主流になりつつある。梅田であれば兎我野町や堂山付近にデリヘルホテヘルのお店は集中している。梅田の特徴はほかのエリアに比べて学生が多いことが言える。これは梅田という場所は、色んな学校の学生が通勤で利用するからだ。大学生や看護学生が相手嬢となると、普段勉強している姿を想像してしまい、ホテルでの大胆な姿とのギャップをこっそり楽しむことも出来る。 難波は梅田よりも学生は少ない印象だが、こちらも女の子の平均年齢は若いエリアといえる。愛嬌があって人懐っこい性格の女の子が多いようだ。おしゃべりも上手な子が多いのでスケベ心なしでも楽しい時間を過ごさせてくれるのが難波の特徴である。京橋は梅田難波に比べると店舗数こそ少ないが、狭いエリアに密集しているので短時間で色んなお店を回れるといったメリットもある。もちろん女の子の質もなかなかである。十三は昭和の雰囲気を残した歓楽街だが、風俗は現在進行形で賑わいを見せている。淀川近くに大きなホテル街が存在するので、自然とデリヘルホテヘルのお店も多い。ホテル自体は年季の入った建物も多くみられるが、逆に昭和の雰囲気が好きな人にはおススメのエリアだ。 その他大阪には西中島や天王寺、谷町9丁目などに風俗店が多いが、全体的にサービスは他県に比べて良好である。さすがは浪速の商売魂といったところか。

おすすめの関連サイト

京都デリヘル・風俗専門情報サイト【京風】

おすすめの福原ソープならここ:アロー

京都マッサージが良い:ナチュラルリゾート

川崎でソープをお探しなら|高級店ガイド